妊活。

24歳までは、子どもはかわいいけど私に、子育てはまだまだ。。。と、思っていました。

甥っ子が2人出来て、確かに、すごくかわいいけど、姉達の大変そうな様子を見ていたので、

私には、まだ早いなぁ。と。

 

でも、25歳になり、だんだんと気持ちが変わり、確かに姉達の大変そうな姿もたくさんん見てきましたが、

それ以上に幸せそうな姿も見てきました。

 

25歳で私も結婚して、大好きな旦那さんとの子どもが欲しいなぁ。授かりたいなぁ。強く思うようになり、

妊活を少し意識するようになりました。

 

まず、はじめに行った事は、妊活アプリでもある、「ルナルナ体温ノート」と「ラルーン」をスマホに落とし、

体温測定を毎日行いました。

 

もともと、あまり生理不順ではなく、28日〜30日の間隔で、アプリ通り生理が来ていたので、

排卵日の前後を狙い目にタイミングを取っていました。

また、毎晩、旦那さんと晩酌する事が日課だったのですが、妊活を意識するようになってから控えるようにして、

ネットで見つけた、妊活におすすめの飲み物「ルイボスティー」を飲むようにしました。

薬局で、葉酸サプリも購入して、寝る前に飲むようにしていました。(飲み忘れる事もありました。笑)

 

そして、タイミングを取るようになってから、2ヶ月目。

生理予定日5日前。体温も下がる事なく、高温期をキープ。

妊娠を意識しすぎてなのかもしれませんが、下腹部に違和感を覚えるようになりました。

「妊娠してるかもしれない。でも、まだ検査薬を試すには早すぎる。」

と、わかっていたのですが、早く知りたい!という気持ちに勝てず、

薬局で妊娠検査薬を購入。

私が購入したのは、生理予定日1週間後から、使用できる一般的な検査薬。

この時期、ネットで妊娠超初期症状などを検索しまくっていたので、生理予定日5日前でも反応が出る。

という、記事を読んだりしていたので、期待半分、無反応でも普通。という気持ちで。。。

 

いざ!

 

1分後

「……だよね、出ないよね」

 

10分後

 

「……..ん。めっちゃ薄いけど、陽性反応の線が!」

 





 

10分後の検査結果は、あまりアテにしてはいけいないと、わかっていましたが、

反応が薄くても出た事が、すごく嬉しかったです。

「私の元の赤ちゃんが、戻ってきてくれた。」

「以前は、きっと下見で来て、今、また来てくれたんだ。また、私を選んでくれた。」

 

でも、まだ期待しちゃダメ。まだ、油断しちゃダメ。

 

そう思いつつ。わくわくもしていました。

 

そして、生理予定日になっても生理が来る事は無く、高温期もキープ。

妊娠検査薬も徐々に1分以内で濃く反応が出るようになり、妊娠を確信するようになりました。

でも、まだ病院へ行くまでは、正常妊娠なのか、本当に妊娠しているのか分からないので、

旦那さんや家族には、

「多分、妊娠してるかも。」

と、伝えていました。

 





 

 

産婦人科へは、生理予定日から1週間後ぐらいに行こうと思っていたのですが、

生理予定日5日後、突然の不正出血。おりもの混じりの出血。

前回(1度目の妊娠)の初期流産が頭をよぎり、不安でいっぱいになりました。

また、赤ちゃんが居なくなってしまう。

 

 

 

投稿を作成しました 114

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る