ご報告:無事元気な男の子を出産しました。後編

前編の続きです。

 



 

無事、元気な男の子を出産する事ができ、私も感動で涙が溢れてきましたが、

最初から最後まで一睡もせず、ずっと側に居てくれた旦那さんも感動で泣いていたそうです。

私の頭を撫でながら、「ありがとう、よく頑張ったね」と、声を掛けてくれたのを覚えています。

 

そのあとは、胎盤がヌルッと出てくる感覚があり、「あぁ、終わったんだ。早く赤ちゃんに触れたいなぁ」と思っていました。

ただ、私は血圧が高く、後から聞いたのですが、出産時は上が150〜160も上がっていたそうで、

心電図をつけられ、万が一の為に、AEDも用意されていて、尚且つ、子宮の戻りが悪く、担当してくれた先生(院長先生)が「ドクター呼んできて」と、言う状況になっていました。また、出血も多かったみたいです。

 

その場に居た旦那さんは、ヒヤヒヤして居たみたいです。

でも先生たちのお陰で、大事に至る事はなく、40分程、看護師さんがお腹をマッサージしてくれたので、子宮の戻りの順調に回復しました。



産まれたばかりの赤ちゃんは、体を綺麗にしてもらって、オムツと洋服を着て、旦那さんが赤ちゃんの足に私の名前を書いていました。

その後、赤ちゃんと私と旦那さんの3ショットの写真を看護師さんが撮ってくれたのですが、リップを忘れた私の唇はカピカピでした。笑(看護師さんにも心配されるレベル)

でも、たとえリップを持っていたとしても、塗っている余裕なんて無かった。^^;

 

そして、初めての授乳。

最初は、全然吸ってくれなかったのですが、初めて吸ってくれた瞬間は、とても嬉しく感動しました。

赤ちゃんは、本能で吸い方を知っていると言いますが、本当にすごいですね。

 

と、いろいろ感動している間、私は、会陰切開した部分をずっと縫われていました。笑

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、タオルに包まれて、待合室で待っていたお義母さんに見せる為、旦那さんが抱っこして連れて行きました。

なので、一番最初に抱っこしたのは、旦那さんだったりします。



その後は、2時間程、分娩室で赤ちゃんと過ごし、その間、旦那さんは、病室で休んでいました。

陣痛からずっと一緒にいてくれて、旦那さんも疲れが溜まっていたので、爆睡。笑

 

私も分娩室から、病室へ移動する際、出産時、出血量が多かったので貧血気味になっていました。

また、トイレに行くよう言われて、行ったのですが、会陰切開した部分がしみるんじゃないかとビビってしまい、なかなか出なかったのですが、出ないなら、尿道に管を挿して出すと言われたので、ビビりつつそのまま出来ました。笑

そして、病室へ移動する前に、看護師さんが赤ちゃんを抱っこさせてくれました。

本当に可愛くて、小さくて、愛おしくて、堪りませんでした。それでも、一度、ここで赤ちゃんとはお別れです。

赤ちゃんを看護師さんに預けて、私は車椅子で病室へ。

 

病室には、疲れ果てた旦那さんと、旦那さんのお母さんが居ました。

「お疲れ様、大変だったねぇ」と、旦那さんのお母さんに言われ、陣痛中の私の叫び声が外まで聞こえていたようです。笑

私自身、静かに出産できると思っていたのですが、実際は叫びまくっていたので、もし二人目を出産する時は、もう少し静かに産みたいです。笑

 



出産したその日は、とにかくベッドで安静に過ごすよう言われ、貧血気味でもあったので、点滴もしていました。

旦那さんは、次の日仕事なので、早めに帰宅し、お義母さんも一度家に帰り、

夕方、赤ちゃんを見に、お義母さんと義妹ちゃんが病院に来てくれました。

赤ちゃんは、ナースステーションの新生児室に預けていたので、ガラス越しに見る事ができます。^^

 

友達や私の家族に産まれた事を連絡して、あっという間に消灯時間の21時になり、明日から忙しくなるのですぐに寝ました。

 


 

私の初めての出産は、こんな感じです。

ちなみに今は、生後2ヶ月を迎えて、すくすく成長中です!



 

投稿を作成しました 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る